2018年03月03日

突発性難聴が治りました

2018年3月3日

前回の投稿から1カ月と少し経ちました。
色々な事が起こりました。
突発性難聴以外にも起こりましたが、それはまた別のページで書こうと思います。

タイトルにある通り、突発性難聴から回復し、現在半日出勤にて仕事を再開しています。

詳しい日付は記録してない部分もありますが、その間の経過を書きます。

1月15日 解離でパソコン売却、人格統合。

1月18日 会社へ電話した時に、次の診察で「前と違う現場で半日から出勤できないか」と聞いてみてくれないかと言われた。
まだ2日に1回位めまいがすると言うので、私は「復帰はせめてめまいが無くなってからでないとだめだよ。もし仕事中にめまいがしたら事故が起きるかもしれないし、そうなった時に適切に休んだり申し出たりできるとは思えない。それに、今無理して復帰したらまたぶり返すかも知れない。どういう現場(仕事)をするのか詳細が分からない以上は医者に聞き様もないし。あと、今の生活習慣のままでは復帰しようなんて到底無理だよ。朝、せめて私が家を出るころ(7時過ぎ)には起きて、前みたいに散歩に出かけられるようでなくちゃ。」と言いました。

それから再度夫は会社へ電話したところ、「良くなったらの話しだよ」と言われたので、安心しました。

それ以降、夫は朝ちゃんと起きて、散歩にも出かけるようになりました。

散歩が早いか、めまいが消失したのが早いか、どちらが先かは分かりませんが、いつの間にかめまいがすることが無くなっていました。

また、私が「めまいが無くなって出かけられるようになったなら、たまには温泉に行ったらどう?私は温泉へ行くのもリハビリの一つだと思っているよ」と言ったとき、「そう!?」と少し嬉しそうな反応をしていたのもあり、温泉にも出掛けるようになりました。

めまいが無くなった夫は、みるみる内に鬱が回復していき、運動が良かったのか、温泉で血行が良くなったのが良かったのか、鬱が減ったのが良かったのか、それとも会社からの申し出が、前の現場に戻らなくてよいという、心の引っかかりを取ったのが良かったのか分かりませんが、耳鳴りもいつの間にか消失していきました。

1月29日 右耳が少し聞こえていることに気付いたと言ってきました。

午前中に診察があったけど、その時は耳鳴りが無いことは伝えたが、気のせいかも知れないということもあってそのことは言わなかったという事でした。

そして2月1日には完全に聞こえるようになりました。

突発性難聴になり、約7カ月で回復できました。

それから2月9日の診察で聴力検査をして、医者に「急に良くなったね」と言われ、就労許可書をいただき、2月12日から半日出勤を開始しました。諸事情で急に現場変更になり、リフトではなく、軽作業になってしまったことと、朝が早いので5時半には家を出なくてはいけないので、その点が不安要素ですが、とにかく復帰することができました。

2月16日にもう一度診察したところ、「もう薬を飲まなくてもいいよ、気になることがあったら来てください」ということで終了しました。

ただ、この時期はインフルエンザが流行していたせいか分からないけど、なぜか喉を見て、「喉何ともない?」と言われたのだそうです。
(今から思えばフラグでした。この話は別の機会に。)

振り返ってみて、突発性難聴の発症は、社会復帰してすぐに酷暑に襲われたこと、職場でかけられた、期待からくる言葉がプレッシャーになったこと、走り回るほどの忙しい現場だったこと、当初なりたかった仕事内容(運転手)ではなかったこと等が原因ではなかったのかと思います。

そこから、仕事に行きたくないという部分が強く出て、もしかしたら耳が解離したのかも知れません。

だからこそ、少しずつ回復してきていた時期に、会社から言われた現場変更の言葉や、戻る居場所があるということ、焦らなくて大丈夫だと言われた温かい言葉などが、特に薬になったのだと思っています。

突発性難聴は3カ月経過後の回復は見込めないというのが散見されますが、そうとも限らないという事は言えると思います。

posted by 四つ葉ありんす at 10:35| Comment(0) | 2018年3月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください