2018年01月20日

人格統合2

2018年1月20日

あけましておめでとうございます。

最近ブログの更新をあまりしていません。

というのも、やはり最近起きたことをすぐさまブログで公表する気持ちになれないからです。

昔起きたことは過去のこととして、ある程度気持ちが整理されていることが多いのですが、最近のこととなると、私自身の整理がつかないのと、やはり夫の事ですので、こういった場に公開することにいささかためらいを感じている部分もあるからです。

しかし、このブログを読んでくださっている方、またメッセージを下さった当事者の方もいらっしゃいますので、少しでも情報を共有できれば私にとっても夫にとっても、患者全員にとっても利益につながると思い、遅くなっても更新する意義はあると考えました。

7月に一度人格統合をしていますが、あの時終わったと思っていた多重人格がまだ残っていました。

2017年11月のことになりますが、ある日頭の中に声が聞こえると、仕事中にLINEで連絡がありました。

しかも、初めてその声と対話することができたということでした。

詳細は省きますが、7月に統合した時、人格T君に見つからないように隠れていた人格がいたということで、その中にはお金を使う人格もいました。

またお金を使われてしまっていました。

お金を使う人格は、夫や私が困ることになると分かっていて、わざとやっていたということでした。

しかし、今回は女性と子供の二人の人格と夫自身が対話し、人格の願いを叶えることと、お金を使う人格を3人で手分けして探して、つかまえて、話をして、結果三人とも統合することができました。

夫自身も心の中の人格の場所に初めて行くことが出来ました。

そこは『花畑』と呼ばれています。

他に誰もいないことを夫自身が確認することができたため、決着がついたと思っていました。

しかし、1月15日またもや発生してしまいました。

私が仕事から帰ると、自宅のパソコンがありませんでした。

まさかと思いましたが、他人格がパソコンを売りに出してしまい、そのお金を散財していました。

帰宅時に電話しても通じませんでしたが、しばらくしてからかけ直すと夫本人が電話に出ました。

7月に人格統合した舞台となった場所に居ました。

その場で、夫は花畑へ探りを入れたところ、一人の少年の人格がいました。

始めは夫をはさんで、LINEでやり取りしていましたが、途中から彼と直にLINEで会話しました。

そこで分かったことは、今年に入ってから出来た人格だということ、夫の中で強く我慢している気持ちや誤解する気持ちがあると人格が発生してしまう事、他人格は『どうして我慢しているのか』ということは分からないので、思うままに振る舞ってしまうこと、自分が表に出て思うままに行動することが夫本人(主人格)を困らせることになるということが分からないということでした。

最終的には少年も統合しました。

きちんと話せば分かってくれる存在なのだと思いました。

少年に聞いたことですが、花畑には立入禁止の場所があり、そこには昔の辛い記憶に蓋をしてあるということでした。

そして、それは今の状態の夫でも受け止めきれないし、他の誰だって乗り越えられない程のものだというのです。

それと、彼に今後のことについて相談した時、立入禁止の張り紙ができるのだから、今後他人格が生まれた時のために、何か張り紙をしてはどうかと言っていました。

夫の花畑なので、夫ならいじれるだろうと言うのです。

とはいっても夫は花畑に行くのは今回で2度目です。

行こうと思って行けるようなところではないらしく、行けたとしても、とても疲れるらしいです。

今後も新たな人格が生まれるかも知れませんし、同じようなことがあるかも知れません。

私としては、人格が生まれてしまうことをなるべく防ぐとともに、生まれてしまっても問題が起きないように早く対策してもらいたいと願っています。

夫の努力によってそれができるのかは分かりませんが、夫以外の人間にはできないことですし、今後の人生がかかっていると言っても過言ではないので、努力してほしいと思っています。

あれから5日経ちますが、まだやってみていないということで、私は不安に感じていますし、なぜ早くトライしてみないのかという不満も感じています。

ただ、他人格に対する対処に関しては前進することが出来たように思いますので、長年患っていますがようやく小さな光が見えてきたのではないかと、前向きに捉えるより他にないと思います。

posted by 四つ葉ありんす at 20:27| Comment(0) | 2018年1月 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください